TEL : 0422-27-6579 FAX : 0422-27-6507

TFH - IKC国際キネシオロジー大学公認インストラクター - 亀田 せんじゅ

個人セッション可

BRAINGYMHOUSE/EASER

 

亀田 せんじゅ    かめだ せんじゅ

東京都文京区本郷4丁目2−12芙蓉堂第三ビル2F
静岡県三島市大社町

e-mail:braingymhouse★gmail.com
braingymhouse★yahoo.co.jp
※★を@に変えて送信してください。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/braingymhouse

ブログ:https://ameblo.jp/edu-k/

facebook:https://www.facebook.com/braingymhousekameda

活動地域:東京都内、東海地域

個人セッション:随時予約可

 

自己PR

『自分の中に答えがある』というフレーズを時折耳にしますよね?
その答えのルート(根っこ)のいくつかは体が土台となっていたのだと老若男女問わず、誰でもがつかみとれることがタッチフォーヘルスの素晴らしさだと実感しています。

タッチフォーヘルスのプログラムは情報満載なのに、自分にとって必要なことがカッチリと決まる面白さがあります。

そして「こういう風に動きたかったんだ」

「気になっていた体の動きが楽になる」

「スタミナがアップさせたい、持続するようになる」

といった個々人の目標のために体がその答えを導いてくれます。

私個人的には、子供たちの発達も含めて日常に活用できる心身の健康=セルフケアやセルフメンテナンスにずいぶん助けられました。
旅行の際の乗り物疲れや時差ボケにカンタンに使えます。

今年の春先には、子どもが飛行機で崩れた姿勢で眠ったために、現地で観光に出かける気を失くす程の筋肉痛を起こしたのですが、ホテルのベッドの上でレベル1と2の調整を行うことで”あっという間”に解消されました。
もちろん医療や治療ではありません。筋肉を再教育するといったイメージでしょうか。
とにかく卒業弾丸旅行を無事親子で乗り切れたのはタッチフォーヘルスのおかげです。
家族に使うだけでも十分元をとっております。(笑)


普段は東京と、静岡で個人相談とコース開催をしております。

この頃は、心理領域でお仕事をされていらっしゃる方々が身体の気づきの必要性を求めて来所してくださるようになりました。
私自身、同様のプロセスにおいて『心理的解釈のみならず身体的アプローチを導入する際』の”ある種の戸惑いの時期”から現場のアセスメントの視野を広げる、身体教育としての実践の活用と成果等を経験してきております。
どうぞ、今大切にされていらっしゃる『テーマそのまま』をお持ちになってお出かけください。