TEL : 0422-27-6579 FAX : 0422-27-6507

日本タッチフォーヘルス(TFH)・キネシオロジー協会概要

協会概要

institute_agenda_image_2

協会理念

私たちが伝えたい最大のメッセージはタッチフォーヘルスは「教育モデル」「自己責任モデル」というです。
そして、健康でより良き人生を生きる為には「人生の目標を立て」「エネルギーのバランス調整する」ことが重要であると考えます。

このように「健康でより良き人生を生きる道」を照らすろうそくの火を持って、あなたの人生で出会ったまだ火が灯っていない人達に対してタッチフォーヘルスを通じてより豊かな人生を安全に導く事が出来るリーダー(インストラクター)が一人でも多く生まれ育っていく事をサポートをしていきます。

これが私達が志している活動理念です。

 

IKC国際キネシオロジー大学公認ファカルティ

faculty

住所

〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町2-1-16
コートプレシャス3階

Tel

0422-27-6579

E-mail

zenkinesiology@gmail.com

ファカルティのご挨拶

タッチフォーへルスの世界へようこそ!
タッチフォーへルスは、世界112カ国で使われている夢の健康法です。

みなさんもタッチフォーへルスに触れてより健康になりませんか?
医療費が高くなり、国家予算を大きく圧迫するようになり、我々国民は医者に頼らずに自分で自分の健康管理を迫られる時代になりました。

日本ではまだまだ、新しい医療は普及していませんが、欧米では「代替医療」と呼ばれる新しいホリスティック医療が評価され始めています。
このキネシオロジーもその一つで、オーストラリアなどでは「保険」適用対象健康法として認定されています。

タッチフォーへルスは、読んで字のごとく「タッチして健康になる」技法です。

とてもシンプルで誰にでもできるので、家庭医学として、たった30年で世界中に普及するようになりました。

簡単なだけでなく、その学問的裏づけもあり医療関係者やスポーツドクターなど専門の方々が多数学びに来ておられます。
ですから安心して学んでください。
昔から「病は気から」と申しますが、タッチフォーへルスは、「気」を元に戻して「元気」になる技法です。

古代中国から受け継がれてきた「経絡」と呼ばれる「気」のバランス調整を行い、元気になる技法です。
そう、東洋医学をベースにした健康法なんです。ですから安全なんです。
そこで使われる手技は、つぼの押圧やマッサージで、とても簡単です。
そして、とても効果的なんです。というのも正確なポイントを見つける方法が発見されたのです。
それがキネシオロジーと呼ばれる西洋の医学です。
キネシオロジーの「筋反射」テクニックを使用することで、ベストなポイントを身体自身が教えてくれる事がわかったのです。

ベストなポイントに来たら、筋肉がカチッとした反応を示して教えてくれるのです。
便利で簡単であると同時に、人体の神秘を体験できます。
いつでも身体は、我々のために信号を出してくれているのだなということがよく分かります。

そう、みなさんに体験していただきたいのは、「自分の身体って素晴らしい!」ってことです。
この不思議体験をした仲間が、全世界1000万人にも上っています。そして次はあなたの番です。

 

協会長のご挨拶

president

こんにちは。日本タッチフォーヘルス・キネシオロジー協会長の遠藤雅樹です。

協会では国際キネシオロジー大学(IKC: International Kinesiology College)と石丸ファカルティーの指導の下、全国各地で活躍するIKC公認タッチフォーヘルスインストラクターの活動を支援しています。

タッチフォーヘルス・キネシオロジーは、アメリカのカイロプラクターのジョン・シー博士が、医療関係者向けキネシオロジー「AK(アプライドキネシオロジー)」を、家庭でどなたでも使えるように改良したもので、1970年以来すでに全世界100ヶ国以上で活用され1000万人以上の人に広まり使われています。

医療行為ではありませんが、ツボや身体の適切なポイントに触れることで、精神的なつらさや身体の痛みが劇的に軽減されたという沢山の感動的な話を聞きます。

ジョンシー博士の想いに感銘を受けたインストラクターが全国におり、きっとあなたの悩みや痛みの軽減、そしてその延長線上の豊かな人生に向かっていくお役に立ちます。

ぜひ、お近くにインストラクターに連絡をして実際に体験してみて下さい。
体験会や公式クラス・個人セッションのお申し込み・ご案内は、協会HPをご覧下さい。
一緒に健康の輪を広げていきましょう!

☆体験会☆
http://touch4health.kinesiology.jp/experience/

☆公式クラス☆
http://touch4health.kinesiology.jp/events/

☆個人セッションの申込☆
http://touch4health.kinesiology.jp/personal-session/

 

タッチフォーヘルス倫理要綱

日本タッチフォーヘルス・キネシオロジー協会では、日本での活動において、IKC公認インストラクターが尊守すべき倫理要綱を下記の通り定めております。

タッチフォーヘルス倫理要綱

●公認インストラクターはタッチフォーヘルス公式クラス内においては、絶対に医療行為を行うことはなく教育モデルで指導します。

●公認インストラクターが教えるタッチフォーヘルス公式クラス以外の講座に関しては、協会は責任を負いかねます。

●公認インストラクターが行う個人セッションや施術に関しては、タッチフォーヘルス以外の手法も取り入れる可能性があり、協会としては責任を負いかねます。

●倫理要綱を遵守するIKC公認インストラクターはIKCロゴを使用しています。ロゴを目印に信頼できるキネシオロジストをお選びください。

●ロゴを使用してるからと言って、タッチフォーヘルス公式クラスやタッチフォーヘルス公式クラスへの導入講座以外で起こることに関しては、協会は責任を負いかねます。

 

歴史

日本タッチフォーへルス・キネシオロジー協会は、国際キネシオロジー大学(IKC)が公認した日本で唯一のタッチフォーへルス協会です。
1998年12月に日本で最初の公式クラスが開催されたときから、協会として活動が始まりました。

世界共通のポリシーを遵守しながら、日本独自の運営を行えることになっており、公認インストラクターの合議により、民主的に運営が行われています。
その活動資金は、公式クラスの一部を全インストラクターが自主的に納付する形で進められています。

【沿革】

1998年11月

12月に東京で日本で最初の公式クラスが開催されました。
当時は、まだ日本語版のテキストは存在せず、オーストラリア版マニュアルを使いクラスが行われていました。

1999年11月

カラー版「タッチフォーへルス健康法」が出版され、一般にも知られるようになりました。
さらにオーストラリア版マニュアルの日本語訳が完成し、指導体制が出来上がりました。

2000年1月

カナダからトレーナーであるマイケル・デローリー氏をお招きして、日本初のインストラクター養成講座を開講。
新たに10名のインストラクターが誕生しました。

2000年9月

スイスでのIKC理事会において日本人初のトレーナーとして、石丸賢一が選出されました。

2001年7月

オーストラリアから世界タッチフォーヘルス協会会長トニー・グラルトン(女性)さんをお招きし、
東京で第2回インストラクター養成講座を開催されました。
そのときに新たに9名のインストラクターが誕生いたしました。

2004年11月

創始者ジョン・シー博士の御子息(マシュ・ーシー)が初来日され、タッチフォーヘルス五行メタファーを開催されました。

2005年8月

創始者ジョン・シー博士が永眠されました。

2005年11月

ファカルティー石丸賢一のもと、24名が新たにインストラクターとなり、北は北海道から南は九州・沖縄まで
タッチフォーヘルスのクラスが開催されるようになりました。

2006年4月

マシュー・シーが来日され、実践タッチフォーヘルスを開催されました。

2007年5月

ファカルテイー石丸賢一が、IKCのアジア代表理事に選出されました。

2007年11月

ファカルティー石丸賢一が、日本文化振興会より国際アカデミー賞を授与されました。

2007年11月

新たに24名のインストラクターが誕生し、公認インストラクター数が100名を超えました。

2010年10月

京都でキネシオロジー世界大会が開催されることになりました。

2013年7月

組織編成を行い、各専属員会を設置しました。

 

所在地

住所

〒180-0001
武蔵野市吉祥寺北町2-1-16
コートプレシャス3階

日本キネシオロジー総合学院
代表:石丸 賢一

Tel

0422-27-6579

Fax

0422-27-6507

E-mail

touch4health@kinesiology.jp